ネタバレ注意!【ノーサイド・ゲーム】本当の敵とは誰のこと?

ネタバレ注意!【ノーサイド・ゲーム】本当の敵とは誰のこと?

ドラマ「ノーサイド・ゲーム」もいよいよ佳境に迫ってきましたが、9話でついに『本当の敵』がわかるそうです。そこで、原作のネタバレを元に図も作って解説します。

【ノーサイド・ゲーム】本当の敵とは?

9話の予告で君嶋(大泉洋)が 『本当の敵はあの人だったんだ・・・』 と発言していまたね。

本当の敵とは誰のことなのか、原作ネタバレを元に解説します。

今までの敵

今までずっと君嶋が敵対し続けていたのは、常務取締役営業本部長の滝川圭一郎です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」さん(@noside_game_tbs)がシェアした投稿

君嶋が滝川が目論んでいたカザマ商事買収に反対したことから敵対視されており、経営戦略室から工場&ラグビー部GMへと左遷させたのも、滝川による策略だと思ってきました。

そして8話では、 カザマ商事が白水商船の事故原因を隠蔽していたことが判明! 

滝川はカザマ商事の社長・風間有也とは大学時代の同級生ということもあり、滝川と風間は癒着していると思っている人も多いでしょう。

ですが違います!

本当の敵がついに出てくるのです。

真の敵とは?

原作のネタバレを元に本当の敵について解説します。

ここからはまだ見ていない人にとっては大きなネタバレを含みますので、ドラマを楽しみたい人は引き返してください。

ですが、本当の敵を知りながら観ると違った意味で楽しめます。

ここをクリックしてネタバレを開く

本当の敵とは脇坂賢治(石川 禅)です。

誰?と思う人も多いかもしれませんが、君嶋の元上司であり、今までも数々の相談に乗っていた相手です。

君嶋が左遷された時にも気にかけおり、本社に戻ってくるようにチャンスをくれた人でもあります。

ですが、この脇坂が黒幕なのです。

脇坂は風間とは高校時代の同級生です。

風間はエスカレーター式で大学に進学しますが、親の事業が失敗した脇坂は私立大学に通うことができずに国立大学へと進学します。

風間にとっては 高校同期⇒脇坂。大学同期⇒滝川。 ということです。

風間は最初に、白水商船の事故について脇坂に相談します。

脇坂はその事故を隠蔽して、滝川経由でトキワ自動車に買収させるように指示を出すのです。

脇坂の狙いは、買収直前になって白水商船事故をカザマ商事が隠蔽しているという事実を突きつけることで、 滝川を失墜させる ことにありますした。

しかも!

君嶋を 左遷させたのは、滝川ではなく脇坂でした。 

脇坂は滝川にカザマ商事買収を進めさせたかったが、君嶋が買収計画の稟議の時点で反対して食い止めてしまった。そこで邪魔になった君嶋を一度は追い出したのです。

そして、滝川のカザマ商事買収が始まると、今度は君島を本社に呼び戻すことで手元に置こうと考えたわけです。(君嶋はアストロズを選んだので戻らなかった)

相関図にするとこのような感じです。

まさかあの人が黒幕だなんて、想像できたでしょうか。

原作を元にしたネタバレなので、ドラマで変わる可能性はゼロでは無いですが、今までの流れからも、あの人が真の敵で間違いないでしょう。

それを踏まえながら、過去の放送を見返すとなかなか面白いですよ!

こんな顔して君嶋のことを騙していたのか!と思えます。

過去の放送に関してはParaviという動画配信サービスを利用することで観ることができます。

初回登録ならば無料期間もあるので、実質無料で振り返ることもできます。

今すぐ登録はこちら↓

Paraviのオススメポイント
  • 無料期間⇒30日間
  • TBS・テレビ東京・WOWOWが共同しているので独占作品が豊富!
  • ドラマだけでなく、バラエティ・ビジネス・報道番組も揃っている。

白状しますっ!実は……TBSドラマが大好きですっ!
それにテレ東ドラマも渋いの多くてなにげに好きっ笑
そんな私にピッタリなサービスはParaviだったのねっ!〆(._.)メモメモ

2019年夏ドラマカテゴリの最新記事