ドラマ【知らなくていいコト考察】乃十阿徹(のとあとおる)の事件まとめ

2020冬ドラマ
スポンサーリンク

ドラマ「知らなくていいコト」で主人公・真壁ケイト(吉高由里子)の父親と思われる無差別殺人犯・乃十阿徹(のとあとおる)の事件に関して判明したことなどを時系列にしてまとめました。

乃十阿徹(のとあとおる)の事件まとめ

ドラマ「知らなくていいコト」でもっとも重要な人物となりそうな乃十阿徹(小林薫)ですが、過去に無差別殺人を行った犯人として逮捕されているようです。

そこで、放送時点で判明していることを時系列にしてまとめました。

人物

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】新水曜ドラマ「知らなくていいコト」(@shiranakuteiikoto_ntv)がシェアした投稿

元大学教授。

「エデンの東」の作者で知られる「ジョン・スタインベック」の研究をしていた第一人者。

主人公・ケイトの名前は「エデンの東」の登場人物からとったと思われる。

ちなみに、エデンの東のケイトという人物は、自分の娘に付けるような名前ではなかったです……

時系列

1980年 ケイトの母・真壁杏南(秋吉久美子)慶英大学英米文学科を卒業。卒論はスタインベック「エデンの東」

198?年 乃十阿徹(小林薫)が慶英大学の教授になる。専門はスタインベック。

1985年 真壁杏南が乃十阿徹から指輪をもらっている。

1987年8月10日 真壁ケイト(吉高由里子)誕生

1990年8月 真夏のキャンプ場でウォータータンクの中に毒草をいれるという無差別殺人がおき、乃十阿徹が犯人として逮捕された。

 

※2話時点で判明していることです。更にわかったら追記していきます。

タイトルとURLをコピーしました