ドラマ【サイン-法医学者 柚木貴志の事件-】1話のあらすじを相関図化!

ドラマ【サイン-法医学者 柚木貴志の事件-】1話のあらすじを相関図化!

テレビ朝日の木曜ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」第1話の出来事・あらすじを相関図化してわかりやすくまとめました。

【サイン-法医学者 柚木貴志の事件-】1話あらすじ相関図

序盤~隠蔽

日本法医学研究院で解剖医を務める柚木貴志(大森南朋)が、ライブ後に死亡した人気歌手北見永士の解剖を行うことに。

しかし、解剖直前に警視庁から柚木ではなく、伊達(仲村トオル)に解剖させるように指示される。

柚木は反発し、指示を行った元婚約者で警視庁捜査一課管理官である千聖(松雪泰子)に詰め寄るがはぐらかされる。

怒った柚木は遺体を盗み出し勝手に解剖を行う!中園(飯豊まりえ)はたまたまその場にいたため、解剖の手伝いをしてします。

解剖の結果 死因は窒息死 であった。

そして現場には怪しい女が居たことが判明する。

しかしその後改めて解剖を行った伊達は 青酸カリによる毒殺死と診断 その直後にスタイリストの宮島が青酸カリで殺害したと自首をした。

聴聞審査の結果

勝手に解剖を行った柚木は医師免許剥奪の聴聞審査にかけられることに。その場で柚木は

その場で法医学研究院長である兵藤(西田敏行)が改めて解剖を行いどちらの柚木の診断結果の正しさを証明することに。

しかし、解剖直前に伊達が兵藤の元を訪れる、そこで 「法医学研究院のために」 と、とあることを伝えられ、兵藤も隠蔽に加担する。その結果兵藤は院長の座を辞任。

柚木とその柚木に巻き込まれる形で中園は埼玉の大学に 左遷させられてしまう。 

そして隠蔽を行った張本人である 伊達は日本法医学研究院の院長になった。 

しかし中園は北見殺害が窒息死であることを示すひとつの証拠である『青い繊維』を持ち出していた。

伊達が元院長の兵藤になんて言ったのかが気になる!
よっぽどの理由が無いと隠蔽に加担して、しかも自分が辞任する理由にならないよね……うーん゚゚(゚´Д`゚)゚

全話のあらすじはこちら

【サイン-法医学者 柚木貴志の事件-】が見たいけど見逃し配信も終わってるヽ(;▽;)ノ
DVDが出るまで待たないといけないのかな? 今から見ても間に合うかな?
どうしよ~~~~~(´・ω・`)

そんな相ちゃんみたいな人が今期放送中のテレビ朝日系の作品を観るならビデオパスがオススメです。

ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」は1話~全話!ビデオパスにて配信中!

ビデオパスは無料登録期間中である30日以内に解約をすれば一切料金が発生することはありません。

つまり、実質無料で見逃し話を視聴することができるのです。

ビデオパスのオススメポイント
  • 初回無料期間⇒30日間
  • 無料期間で獲得できるポイント⇒500ポイント
  • 映画館で使えるお得な割引サービスがある!

何っ!映画館の割引もあるのっΣ(゚д゚lll)
ちょうど見たい映画があったし、最高すぎるんですけどっ!ヽ(´▽`)/

2019年夏ドラマカテゴリの最新記事