ドラマ【サイン-法医学者 柚木貴志の事件-】2話のあらすじを相関図化!

ドラマ【サイン-法医学者 柚木貴志の事件-】2話のあらすじを相関図化!

テレビ朝日の木曜ドラマ「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」第2話(19/07/18放送)の出来事・あらすじを相関図化してわかりやすくまとめました。

【サイン-法医学者 柚木貴志の事件-】2話相関図

首吊り女性の解剖

1話で伊達(仲村トオル)の策略によって埼玉の大学に左遷された柚木(大森南朋)だったが、埼玉でも変わらず敏腕を奮って解剖を行っていた。

そんな時、女性の首吊り死体が運ばれて来る。同じ時期に東京でも女性の首吊り死体が発見される。

くしくも解剖を行ったのは柚木と伊達であった。伊達は自殺と鑑定した。柚木は同じような遺体を他殺と鑑定。

柚木が他殺と鑑定したことから、捜査が始まると同様の死体が他にもあったことが判明する。

伊達ちゃんは連続殺人の死体を自殺と判定しちゃったんだよね(-_-)

犯人逮捕

捜査をしていくと、犯人は東京での死体・井上真理の同級生でストーカーだったタクシー運転手の須賀原学(柾木 玲弥)だったことが判明する。

しかし犯人だと気づかずに中園景(飯豊まりえ)がタクシーに乗車したところ拉致、殺害されそうに。

寸前のところで柚木が死体にあった情報から拉致された場所を特定!駆けつけて救ってみせた。

柚木は東京へ

犯人特定から逮捕まで行ったのは柚木だったが、手柄は 伊達と日本法医学研究院に。 

その一方で伊達は柚木のことを認め、東京の日本法医学研究院に戻って来いと言う。

そして最後のセリフはこちら

伊達「ここで働く以上はわたしの駒のひとつだと自覚しろ」

柚木「解剖ができるなら駒でもなんでも構いません。だが、俺が遺体からきくのは事実のみだ。もしそれを邪魔するようなら、俺があんたを叩き潰す」

σ(-ω-*)フム柚木が東京に戻ってくるってことで良いのかなぁ?
つまり、本格的に伊達VS柚木が始まるのかな?
でも、伊達はそんな悪い奴じゃ無い気もするんだよなぁ……(´・ω・`)

2話ゲスト

2話で犯人役を演じたのは、柾木 玲弥‏さんでした。

1話~全話のあらすじと振り返る方法はこちら!

2019年夏ドラマカテゴリの最新記事