【ネタバレ注意!】小説「銀行支店長」のあらすじを相関図化

【ネタバレ注意!】小説「銀行支店長」のあらすじを相関図化

福山雅治主演ドラマ「集団左遷!!」の原作小説のひとつである江波戸哲夫著「銀行支店長」のあらすじを相関図化しました。ネタバレも含まれます。

小説「銀行支店長」のあらすじ

相関図

登場人物

片岡史郎……三友銀行飯田橋支店(旧大昭和信用金庫本店)支店長

真山徹……飯田橋支店次長(旧大昭和信用金庫の中心人物)

大城太郎……得意先第二課長。片岡の元部下

港達也……得意先第一課主任。片岡の後輩。

木田美恵子……テラー主任の女子行員。派手。

平正樹……特先第一課長。弱腰

武田吾一……ベテラン庶務課長

田口るみ……「田口るみビューティサロン」の経営者

三嶋和生……輸入食品卸業・三嶋食品取締役社長

太田こうじ……太田ビルディング副社長

片岡かおり……片岡史郎の妻

片岡大介……片岡史郎の息子

片岡ひろみ……片岡史郎の娘

あらすじ

三友銀行の副頭取から飯田橋支店への異動を申し付けられる片岡史郎

飯田橋支店は、吸収合併した大昭和信用金庫の本店だった支店で、大昭和のメンバーが多く揃っている。

元大昭和の行員は難民と呼ばれており、三友銀行からは疎まれていた。

その難民の中でも難のある人物が多く集められていたのが、飯田橋支店なのである。

片岡のミッションは、飯田橋支店の元大昭和メンバーをまとめあげて業績を上げることであった。

片岡は腹心である、大城太郎港達也を引き連れて飯田橋支店の改革に挑む。

特に障害となったのは3人。

ひとりは次長である真山徹

真山は大昭和の中心的人物であり、三友銀行のエネルギッシュなやり方に批判的であった。そのため自分の出来る範囲の仕事しかしなかった。

次に平正樹

平は仕事に覇気がなく、弱腰であった。

そして、木田美恵子

女性行員のリーダー的存在であり、派手派手しい格好が不安であった。

しかも私生活では娘のひろみが不登校になってしまうという問題も抱えていた。

片岡は、自分が取ってきた三嶋食品との融資の仕事を平の手柄にした。そのことによって平は自信をつけ、仕事にやる気を出し始める。

 平からの信頼を勝ち取った 

その平から、木田が取引先の相手と不倫しているという情報を得る。調査を行うと現在は愛人関係は解消されていた。

そして、悪質クレーマーから木田を助けたことで、 木田からの信頼も得ることが出来た 

最後に厄介だったのが、真山徹だが、真山の担当である田口るみビューティサロンの融資に関して、渋る本部に強く言う姿勢を取ることで打ち解けていく。本部という共通の敵が真山と片岡を繋げたのだ。

しかし!とんでもない事件が片岡に襲いかかる。

片岡に襲いかかる悲劇と悲痛な結末とは?

 

ネタバレを開く

真山がせっかく取ってきた田口るみビューティサロンの融資だが、サロンのスキャンダルが週刊誌とワイドショーに取り上げられたことで、本部が渋り稟議を通ることが出来なかった。 貴重な融資案件を失う。 

更に、自社ビルを購入するために16億円を融資していた三嶋食品の社長・三嶋和生 融資した直後に失踪。 

三嶋には借金があり、そのことを偽造して融資を受けていたのだ。そして、16億円を騙し取りフィリピンへと高飛びしていた。

片岡はフィリピンまで三嶋を追いかけて捕まえることに成功する。

ただし、田口るみビューティサロンの失態や、詐欺行為に引っかかってしまった 失態の責任をとって銀行を退職した。 

最後は険悪になっていた妻・かおり、不登校になっていた娘・ひろみと一緒にリフレッシュを兼ねて海外旅行へと旅たつ。

そして最後の一文は『この旅行から帰ったらオレはもう一度、挑戦する。時代遅れでも何でも構うものか。寝る時間を削ってでも、とり組みたい仕事を見つけて、とことん打ち込んでやるんだ』と締められた。

小説カテゴリの最新記事