ドラマ【ボイス110緊急指令室】1話のあらすじを相関図化

ドラマ【ボイス110緊急指令室】1話のあらすじを相関図化

唐沢寿明さん、真木よう子さんが出演している日本テレビのドラマ「ボイス110緊急指令室」1話(19/07/13放送)のあらすじをわかりやすく相関図化してまとめました。

【ボイス110緊急指令室】1話のあらすじ相関図化

妻殺害

『ハマの狂犬』の異名を持つ樋口彰吾(唐沢寿明)の妻、未希(菊池桃子)が何者かに襲われる。

110番に緊急通報し、それを受け取ったのが橘ひかり(真木よう子)であった。

しかし、ひかりが折り返し通話したことで未希の居場所が犯人にバレてしまい、未希は殺害されてしまう。

容疑者として上がったのは相良(平原テツ)であったが、ひかりは「声が違う」と犯人では無いと証言。ただし、ひかりと犯人の会話は何故か 証拠から抹消されていた。 

この会話に事件の真相が含まれてるってことかなぁ?
それとも警察が保身のために隠蔽した?(゚ν゚)ムズカスィネー

3年後

樋口は交番勤務になったものの、保釈された後も相良を追い続けていた。しかし、その行動はやけくそであった。

そんな樋口の行動をフォローしていたのが、後輩である石川透(増田貴久)

一方でひかりは出世をして、 緊急指令室の室長になっていた。 そしてECU(Emergency call unit)という捜査班を立ち上げる。

その捜査官として、樋口を抜擢しようとしていた。

そんな時、女性からエマージェンシーコールが。男に襲われているところを逃げ出してきたというのだ。

ひかりは音声を手がかりに犯行の場所を特定し、樋口をその場に送り出す。果たして樋口は間に合うのか・・・!?

樋口さん間に合うのかな!|緊張|ョ゚Д゚;))))ドキドキ
それにしても拉致された女子大生役の吉川愛ちゃんの迫真の演技!鼻水出てたよねっ!

全話のあらすじ&無料で振り返る方法はこちら!

2019年夏ドラマカテゴリの最新記事