ドラマ【ボイス110緊急指令室】2話のあらすじを相関図化

ドラマ【ボイス110緊急指令室】2話のあらすじを相関図化

真木よう子さん、唐沢寿明さん主演の日本テレビドラマ「ボイス110緊急指令室」2話(19/07/20放送)のネタバレあらすじを相関図化してまとめました。

【ボイス110緊急指令室】2話あらすじ相関図

女子大生連続殺害事件解決

女子大生連続殺人事件の犯人に拉致された女性(吉川愛)ひかり(真木よう子)の特殊な洞察力によって救出。ひかりは以前事故にあって視力を失っていたことから、聴力が常人よりも優れていた。樋口(唐沢寿明)はひかりが音を聞いて居場所を見つけたことに懐疑的であった。

だが、この事件解決を持って、ひかりが提案していた特別な捜査組織、ECU設立が3ヶ月の試用期間として許可されることに。

ひかりは樋口をECUの緊急出動班リーダーとしてスカウトする。

吉川愛ちゃんの演技が迫真だった{{(>_<)}}

妻・殺害容疑者死亡

樋口の妻・未希(菊池桃子)殺害の容疑者であった相良卓也(平原テツ)が自殺したという情報がはいる。だが証拠や状況から他殺の線もあったが自殺として処理される。

また、樋口未希殺害犯はひかりの父(遠山俊也)の殺害も行っていることが判明。その際の音声データは何故か裁判で提出されず、 真犯人の犯行を警察がもみ消している疑惑が生まれる。 

真犯人は伊勢谷友介さんが演じてる説!Twitterでもみんなそう感じたみたいだね

森下葵拉致

 

ECU設立に当たってひかりは樋口を始めホワイトハッカーの緒方(田村健太郎)多国語を使える森下栞(石橋菜津美)をスカウト。

樋口は当初断るものの、ひかりの能力を買って異動を受け入れる。

栞はスカウトを拒否したものの、その直後に妹の葵(矢作穂香)が拉致される。

姉の石橋菜津美ちゃんは吉岡里帆ちゃんと共演した資生堂のCMで話題になった子だよね「CMかっ!」
妹の矢作穂香ちゃんも美人さんだし。美人姉妹ですなぁ( ⊙‿⊙)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

矢作 穂香さん(@honoka_yahagi)がシェアした投稿

全話のあらすじと無料で振り返る方法はこちら!

2019年夏ドラマカテゴリの最新記事