『蜜蜂と遠雷』の登場人物を相関図化!あらすじ・感想・コンクール結果

『蜜蜂と遠雷』の登場人物を相関図化!あらすじ・感想・コンクール結果

恩田陸さんの著書『蜜蜂と遠雷』の主な登場人物を相関図化してまとめました。更にネタバレあらすじや感想です。

『蜜蜂と遠雷』あらすじ相関図

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

蜜蜂と遠雷 [ 恩田陸 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/9/24時点)

楽天で購入

 

主な登場人物

風間塵(15)

養蜂家の息子。5歳から世界的ピアニスト・ホフマンに師事しており、ピアノを買ってもらうためにコンクールに参加。

コンクールを脅かすギフトであり、爆弾でもある。

栄伝亜夜(20)

天才少女として名を馳せていたが13歳の時に母親が急死し、ピアノを弾く目的を失ってしまう。

恩師のためにコンクールに参加する。

マサル・カルロス・レヴィ・アナトール(19)

母親が日系三世のペルー人で父親はフランス人。5歳~7歳まで日本に滞在していたことがある。

日本滞在時に亜夜と出会っており、ピアノの才能に目覚める。

ユウジ・フォン=ホフマン

風間塵の師匠。世界的なピアニスト。

ナサニエル・シルヴァーバーグ

マサルの師匠。ホフマンにピアノを教わったことがあるが、弟子とまではならなかった。

その経緯から、ホフマンの弟子である風間塵に嫉妬をしている。

嵯峨三枝子

ピアニスト。

コンクールの審査員で、風間塵を最初に審査した。塵の演奏に嫌悪感を抱き、強く反対する。

菱沼忠明

世界的な作曲家。コンクールの課題曲『春と修羅』を作曲した。

相関図

登場人物を相関図にしました。

コンクール結果

コンクール結果は、作品にとってあまり重要ではありません。

それまでの過程、成長、気づき、音楽と出会って変わっていく心境の変化が「蜜蜂と遠雷」では描かれています。

それでもコンクールの結果を知りたいという方はこちらから確認してください。一応隠しておきます。

ここをクリックしてネタバレを開く

高島明石……2次予選敗退も、奨励賞と菱沼賞を受賞。菱沼賞とは2次予選の課題曲「春と修羅」を作曲家の菱沼忠明が最もよい演奏と認めた。

風間塵……3位

栄伝亜夜……2位

マサル・カルロス・レヴィ・アナトール……優勝

小説カテゴリの最新記事