ドラマ【わたし旦那をシェアしてた】第3話のあらすじを相関図化!

ドラマ【わたし旦那をシェアしてた】第3話のあらすじを相関図化!

ドラマ「わたし旦那をシェアしてた」第3話(2019/07/18深夜放送)のあらすじ、出来事、判明したことを相関図化してまとめました。

【わたし旦那をシェアしてた】第3話あらすじ相関図

三行あらすじ

  • 新入居者で事実婚4人目で妊婦の絵里(松井玲奈)登場。
  • 森雄作は闇サイトを通じて恭平の3億円を奪おうと、子供を誘拐。
  • 絵里も森雄作の手先でシェアハウスに潜入していた。

新入居者登場!

恭平(平山浩行)の子供を身ごもっているという4人目の事実婚相手・絵里(松井玲奈)が現れる。

動揺する晴美(小池栄子)加奈子(りょう)茜(岡本玲)の3人。

絵里の存在に動揺した晴美はシェアハウスを出ていくことを決心する。3億円の貰い手は絵里で間違いないと思ったからだ。

しかし、出ていこうとする晴美を文江(夏木マリ)が引き止める。なぜなら、この中に恭平殺害を依頼した真犯人がいるからだ。それを全員に告げて、容疑者であることを突きつける。

3人が動揺したのは、4人目が現れたことじゃなくって妊娠してたことなんだよね!

茜の子供が狙われる

森雄作(黒木啓司)が闇サイトでシェアハウスの3億円を狙うように募集。依頼された実行犯が茜の子供たちを狙う。慎香は道路に突き出され、慎吾は誘拐される。いち早く誘拐に気づいた警察のおかげで慎吾は無事に保護された。

そして、誘拐に失敗した実行犯は森に殺される。

絵里の正体

絵里の正体も、森に依頼されてやってきた潜入者だった。

恭平は病気のため、正機能障害、無精子症だったため子供をつくることは出来なかったことが判明し、絵里の正体が明らかとなった。

同じく森に脅されてシェアハウスに潜入していた松田(赤楚衛二)の手助けもあって、絵里は逃げ出した。

晴美たちは、今まで恭平に抱かれたことが無かった。だから3人は絵里が恭平の子供を妊娠してるって聞いて、動揺したんだよね(´・ω・`)

3話で判明した恭平の秘密

3話で判明したのは、恭平が病気の合併症で 性機能障害と無精子症 を患っていた。

「わたし旦那をシェアしてた」全話あらすじ相関図と振り返る方法はこちら!

2019年夏ドラマカテゴリの最新記事