「初めて恋をした日に読む話」6話のあらすじを相関図化!

「初めて恋をした日に読む話」6話のあらすじを相関図化!

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」第6話の恋愛模様を相関図化してまとめました。あらすじもわかるようになっています。

「初めて恋をした日に読む話」6話あらすじ

雅志×順子 勘違い

①美和の提案で同窓会を開く

美和(安達祐実)の助言を得て、雅志(永山絢斗)が高校の同窓会を開くことに。(エリートでモテモテであることを順子に見せつけるため)

②同窓会で山下と雅志が出会う

同窓会で山下(中村倫也)と雅志が再開。

山下が順子の部屋に泊まったことを告げる。

怒った雅志が山下を殴る!

③雅志が順子に問いただす

順子「体の関係は何もなかった、雅志には知られたくなかった」

雅志は自分のことを好きだから知られたくなかったと勘違い。

順子の本心は、身内に男を下手に泊めたことが知られると、家族にバレてしまうと危惧したから。

山下×順子 告白

①山下と由利が宣戦布告

山下(中村倫也)が、由利(横浜流星)に朝、順子の家から出てきたことは誤解だと伝える。

しかし、順子のことが好きだと宣言。

由利も「引っ込んでろ!」と言い放つ!

② 告白

山下が順子にしっかりと告白をする。

順子は断ろうとしたが、保留にさせる。

勉強

①力不足

順子は自分が東大受験に失敗したことなどから、由利に勉強を教える限界を感じる

②東大専門塾

東大受験専門の塾に、由利を推薦する。

6話時点の恋愛相関図

動画であらすじ相関図

ドラマカテゴリの最新記事