ドラマ【ボイス110緊急指令室】6話あらすじ!真の黒幕関係図

ドラマ【ボイス110緊急指令室】6話あらすじ!真の黒幕関係図

ドラマ【ボイス110110緊急指令室】6話(19/08/17放送)のあらすじや真の黒幕(伊勢谷友介)相関図化してわかりやすくネタバレありでまとめました。

【ボイス110緊急指令室】6話あらすじ相関図

樋口拉致

情報屋から真犯人の情報を入手した樋口(唐沢寿明)だが、その直後に拉致されてしまう。

拉致された先には、自分が樋口の妻(菊池桃子)を殺害したと自供する男・本郷ワタル(手塚とおる)が現れる。

その情報を聞いた沖原(木村祐一)は率先して樋口救出へと向かった。

樋口は自力で脱出し、本郷ワタルを追い詰め、負傷させることはできたが逃げられてしまう。

ひかり(真木よう子)は ワタルを指名手配 する。

本郷ワタルと沖原の関係

沖原はワタルとつながっていた。

沖原はハニートラップに引っかかり、ワタルに脅されていたのだ。

脅された沖原は、4話で殺害された新田逮捕を妨害したり、捕まった新田を殺害するのに手を貸していた。

だが、樋口に危険が迫ったことで、沖原は吹っ切れてワタル逮捕へを動き出す。

ワタルの黒幕

指名手配されたワタルが向かったのは本郷グループの会長・本郷辰夫(伊武雅刀)の元であった。ワタルは辰夫の義理の息子であり、義理の弟である雫(伊勢谷友介)の尻拭いをしていたのだ。

真犯人は・本郷雫(伊勢谷友介)であった。

やっぱりね!わたしはそう思ってました~。ってみんな言ってそうだけど(°┌・・°)ホジホジ♪

沖原拉致

ワタルを捕まえると息巻いていた沖原だが、拉致されてしまう。

気絶して、気がついたときには縛られ、目の前には本郷雫が……。

絶体絶命!というか、きっと、文字通り。絶命・・・?

相関図

全話のあらすじ&無料で振り返る方法はこちら!

2019年夏ドラマカテゴリの最新記事