ドラマ【わたし旦那をシェアしてた】第4話のあらすじを相関図化!

ドラマ【わたし旦那をシェアしてた】第4話のあらすじを相関図化!

小池栄子さん主演の木曜ドラマ「わたし旦那をシェアしてた」第4話(19/07/25放送)のネタバレあらすじや判明したことを相関図化してまとめました。

ドラマ【わたし旦那をシェアしてた】第4話あらすじ相関図

300万円が必要になる

晴美(小池栄子)は同僚にパワハラを訴えられ 300万円の示談金 を請求される。

同じく茜(岡本玲)は、娘の慎香が心臓の病気だと言われ 高額の治療費 が必要に。

また加奈子(りょう)は別れた元旦那から今更浮気を言い分に 慰謝料として300万円 を請求される。

3人とも急遽お金が必要になったが、恭平(平山浩行)の遺産3億円を分散して受け取ることは許してもらえず、新たな課題を出されることに。

課題「恭平の好物」

恭平の本当に好きな相手が遺産3億円を受け取れるが、その確認として恭平が好きだった料理を当てさせることに。

それぞれが出した回答は加奈子はテールとプルーンのサラダ、晴美は鹿肉のステーキ、茜はカレーライスとバラバラであった。

加奈子と元夫との確執

加奈子の元夫である尚之が嫉妬深く疑り深い男だったことが判明。

尚之は加奈子の浮気を疑った挙句、息子である透は自分の子ではない無いと疑いDNA鑑定をした過去があった。それが離婚のきっかけであった。

透はそのことを理由に、大人に対して不信感を持っている。

そんな透の元に記者になりすました森雄作(黒木啓司)の仲間・佐伯(渋谷謙人)が接触し、加奈子が恭平殺害現場にいたと合成した写真を見せ、母子間を切り裂こうと揺さぶりをかける。

恭平の好物が判明

松田秀明(赤楚衛二)が森雄作から教えて貰った焼き鳥屋「熊」で恭平の好物を聞き出し、加奈子に伝える。それは卵焼きであった。

恭平が自分の好物を3人の妻に伝えなかったのは、それぞれの得意料理を子供達に伝えて欲しいという配慮であり、子供たちのことを誰よりも気にかけていたことが判明する。

 

恭平の思いやりから自分を省みた晴美は部下としっかりと話し合い、パワハラ訴訟を解決。同じく加奈子も元旦那と向き合って訴訟を回避し、息子の透とも向き合えるようになる。茜の子供の治療費も勘違いであったことが判明。

それぞれのお金の問題は解決した。

松田への疑惑

恭平の行きつけのお店を知っていた点や指輪の鑑定書を持っていた点など、松田への不可解な点が多かったことから、染谷文江(夏木マリ)は松田を疑い始め刑事である塚本美保(渡辺真起子)に伝える。

松田は恭平が関わっているとされる北神谷町未解決殺人事件の被害者遺族であった。

全話のあらすじと無料で振り返る方法

2019年夏ドラマカテゴリの最新記事